医療機関での勤務経験を活かし、美容や健康について書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椎間板ヘルニアの対策

姿勢の悪さからくる骨盤のズレ・歪みの悪循環を、まだ、お読みになられていない方は、今この場でお読みになって下さい。

いかがでしょうか? 悪い姿勢は、背骨に負担がかかるばかりでなく、体に様々な悪影響をも及ぼすことを、理解頂けたかとおもいます。

「日常生活において、正しい姿勢をとり、いかに腰に負担をかけないようにするか」

椎間板ヘルニアを含む多くの腰痛の治療や予防対策、再発防止の第一歩は、「正しい姿勢」にあります。

いくら治療をほどこしても、姿勢が悪いと、またすぐに腰が痛くなってきてしまいます。

正しい姿勢が出来ている人は、見た目にも美しく映ります。

ぜひ、この機会に、正しい姿勢を身に付けていただき、椎間板ヘルニアの予防・対策に役立てほしいと思います。

クチうるさく、何度も繰り返して申し訳ないですが、椎間板ヘルニア含む、多くの腰痛は未然に防げる可能性が高いのです!



 中腰での前かがみに注意しましょう。

中腰での前かがみの姿勢に注意しなければいけないのは、なぜでしょう?

答えは、私達の体にかかる力です。

人間の腰にかかる力は、体重70Kgの人の場合、立っているだけで100Kg。軽くおじぎをした状態で150Kgの力がかかるのだそうです。

それぞれの正しい姿勢と、チェックポイント
これから、それぞれ正しい姿勢についての説明を行うわけですが、最初に、ポイントとなるものを、書き記しておきます。

1.意識しすぎて「極端な形にならないこと」
2.基本は、「頭の真中から、体が糸で吊られている感覚」
3.「同じ姿勢を長時間とらない」
以上、3点を、まずは覚えて読み進めて下さい。



立った時の正しい姿勢  頭の真上から、体が糸で吊られている感覚で

軽くアゴを引き、背筋、膝をキチンと伸ばします。

真横から見た場合、耳から肩・股関節・膝・くるぶしを、結んだ線が直線で描かれていることが、一般的には、良いとされています。

▼ 壁を利用した簡単なチェック方法

背中を壁にあてて、立ちます。この時、後頭部・背中・お尻・かかとが、壁につく状態が、正しい姿勢の目安になります。

長時間立っている場合は、時々体を動かして、少しでも姿勢に変化を与えてやりましょう。

美容と健康総合通販サイトは下記へ
http://wander-land.net/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://wander945.blog134.fc2.com/tb.php/79-f5351ce5
<< 貧血は美容の大敵 | TOP | ナットウキナーゼの効果 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。