医療機関での勤務経験を活かし、美容や健康について書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眠りで疲労回復の工夫

良く寝ることが、疲労回復の一番の方法と言われます。しかし、仕事などが忙しく、早く寝ることができなかったり、なかなか寝付けなかったりすることがよくあります。



内閣府が「お父さん、寝れてますか」というポスターを作って、睡眠キャンペーンを行ったことからわかるように、睡眠は肉体的疲労を回復する他に、精神的を疲労を回復するといった重要な役割がります。内閣府の睡眠キャンペーンによると、2週間以上寝れない状態が続いた場合は、睡眠障害を疑って医師に相談するようにと働きかけています。



睡眠障害ではない場合も、睡眠によって疲労を回復したいのなら、寝る前に工夫することで、より深くて良い眠りにつくことができます。一番最初にやるべきことは、よく眠れる寝具を選ぶこと。特に、枕とマットレス、敷布団は重要です。



ずっと干していないジメジメした布団で寝ているというのは論外です。ふかふかした清潔な布団に、自分の体に合った枕を用意しましょう。



寝具の用意ができたら、次は眠る前にリラックスできるようにしましょう。音楽を聞いたり、読書をしたり、仕事などで高ぶった神経をゆっくり落ち着かせる時間を作りましょう。体温が低いままだと寝付きが悪くなりますので、冷え性の方は特に、寝る前に入浴するなど、体を温めるのも効果的です。適量であれば、お酒を飲むのもいいでしょう。



最近では、アロマをたくというのも流行っているようです。ラベンダーはとくに寝付きを良くしてくれます。電気やろうそくのアロマポットをつけて寝るのが不安な場合は、アロマオイルをティッシュに数滴しみこませて、枕元に置くだけで充分効果があります。

美容と健康総合通販サイトは下記へ
http://wander-land.net/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://wander945.blog134.fc2.com/tb.php/77-9be597fb
<< ナットウキナーゼの効果 | TOP | カレーは体にいい!! >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。